看護師の再就職、看護師の復職人気ランキング!(ナース再就職、ナース復職)

看護師の資格を持ちながら仕事についていない「潜在看護師」が全国で55万人以上いるといわれています。

 

医療の世界は進歩が早く不安や責任の重さを感じている方、
子育ての大変さ、家事の大変さから看護師の再就職は難しいと思われています。

 

しかし、ナースは人材不足がずっと言われているために最近、復職サポートが充実してきました。
特に今はインターネットで全国の情報を検索することができるので、

 

★24時間保育復職・子育支援充実
★離職率低い・残業なし療養病院
★ブランクOK 教育充実
★週2回のパート勤務

 

などの条件のよい病院を探すのが容易になってきました。
当サイトでは、人気のナースの再就職・看護師再就職に役立つサイトをランキング形式でまとめています。
ぜひ参考にしてください!


ママ看護師から支持が高いナースの再就職復職に強い看護師の職場紹介サイトまとめ

看護のお仕事


看護師さんが再就職や復職する場合に相談すると一番良いと思うのは、看護のお仕事です。
看護のお仕事を使って転職すると最大で12万円の転職支援金がもらえます。

 

転職すると、いろいろ物入りだったりもするので、転職支援金はうれしいですよね。
看護のお仕事は全国の、看護師求人案件を取り扱っていて、求人件数も10000件以上と業界有数の規模と実績力があります。

 

サポート力が強いのが特徴で、ジョブ・アドバイザーの方がとにかく親身になって相談に乗ってくるのが特徴です。

 

看護系の求人サイトは実際の所どうなのか?とわかりにくい所が多いのですが、マンガで実際に看護のお仕事に登録したらどうなるのか??

 

とわかりやすく解説してありました。マンガだと実際のイメージがわいてよいですよね♪

 

マンガの中では、転職を申し込んだ本人も気づかなかった”強み”を見つけて、ぴったりマッチした転職先を探している所がさすがだなと思いました。

 

転職にまつわる「悩み相談」も充実していて、読むといろんなことがすっきりすると思います。身近な人には意外と相談できないことはありますからね。。

 

例えばこんな相談があります

 

・仕事を辞めてから転職活動をしたほうがよいのでしょうか?
・腰痛を抱える看護師さんの悩み
・子どもが小学校に入ると…
・ある採用担当者のお悩み
・転職前のイメージとのギャップ

 

何か悩みがある場合は、とりあえずジョブ・アドバイザーに聞いてもらう使い方もありだと思いますね。

 

特に、再就職の場合、いろいろと悩みが多いのが普通だと思うので、しっかり相談に乗ってくれる転職支援会社を選ぶのが、転職を成功させる近道だと思います。

 

サービスは、無料で60秒ほどでできるので、興味のある方は利用してみると良いでしょう。

 

登録:無料(60秒程度)
対応地域:全国。

 

 

 

 

MCナースネット(メディカルコンシェルジェ)


再就職にあたり、 まずは1日単位の仕事や派遣などを 探しているという方はMCナースネットが良いと思います。

 

MCナースネットは、単発(1日単位)から 長期の派遣、常勤の仕事までトータルで サポートしているという点で評価が高いです。

 

これまで、4万人以上の人が利用していて 登録者数の約半数は友達からの紹介という事ですから 利用した人の評価も高い会社の一つだと思います。

 

全国に14拠点ありますし、求人の件数も 20000件以上と多いので、看護師、保健師、助産師の 人で、まずはバイト、パートや派遣から復帰したいという方は 要チェックかなと思いますね。

 

検診や、夜間専従のお仕事とかにも強かったりします。 ページの下の方に、1分間お仕事診断というのがあり、 簡単なyes,noに答えていくと最適な仕事がわかって面白かったです。

 

興味のある方は一度見てみると良いと思いますよ。

 

会員登録:無料、1分以内
対応地域:全国
営業拠点:東京本社/千葉支店/大阪支社/名古屋支店/横浜支社 京都支店/札幌支店/神戸支店/広島支店/仙台支店/高松支店/新宿支店/ さいたま支店/福岡支店

 

 

 

 

 

ナースフル(リクルート)

 

首都圏の高給与、好条件の条件求人を探すなら、 ナースフルをおススメします。

 

首都圏に限定することで、マイナビ看護師よりも、高給与・好条件の求人が多いようです。
また、地方の方でも、東京で働きたいという場合は、サポートも充実しています。

運営が、リクルートグループ(リクナビ、タウンワーク、とらばーゆ)なので、転職のプロで検索もしやすいのが魅力です。

 

検索するには、登録が要りますが、こちらは、無料で時間は一分ほどです。

 

首都圏の就職をめざすならまずは登録からですね。

 

 

 

 

マイナビ看護師


「マイナビ看護師」です。

 

全国の求人が探せるという点と、マイナビやマイナビ転職を運営しており信頼と実績があるという点がお薦めのポイントです。

 

大手(毎日コミュ二ケーショングループ)が運営しているサイトですので、信頼できますし、情報収集能力が高く、求人の数と質を備えた検索サイトです。

 

1分ですむ無料会員に登録すると、専門の転職ジョブ・アドバイザーとの無料相談会に参加することができますし、一般には公開していない非公開の転職案件も見ることができます。

 

その他、セミナーなども充実しています。

 

求人の切り口もユニークです。
例えば、
* 大きな病院で知識・技術を習得
* 400床以上の総合病院
* 教育・研修に定評のある病院
* 定着率自慢の病院
* 平均在職年数が長い病院
* 残業少なめ・ゆとりの看護
* 平均残業時間10時間以下の病院
* 借り上げ住宅自慢の病院
* きれい、新しい、好立地…
* 目指せ! 訪問看護師

 

など充実しています。

 

 

ナースではたらこ ディップ


ナースではたらこです。

 

ナースではたらこは、人材紹介では有名なディップが運営する転職サービスです。
2015年の看護師人材紹介の顧客満足度でも1位(楽天リサーチ:2015年4月/20〜40代) になっており、
利用者の評価の高い
のが特徴です。

 

転職方法は、直接応募したり、転職サイトで求人を探したり友達のツテなどいろいろあると思います。

 

でも、転職支援サイトなら、自分の希望を伝えると仕事を探してもらえますし、病院との条件交渉もジョブ・アドバイザーが代わりにしてくれます。

 

また復職する場合は、履歴書をどう書いたらよいかとか、
面接でどんなことを言ったらよいかなどかなり悩む方が多いですが、その辺もばっちりフォローしてくれますよ。

 

普通の看護師人材紹介サービスは転職が成功するとそれで終わりなのですが、
ナースではたらこは、転職後、いろいろな相談にも乗ってくれるので、転職後も安心です。

 

利用料も無料ですし、全国対応で全国9割以上の医療機関の情報がありますので、
まずは登録してみると良いと思います。

 

対応地域:全国
登録:無料(60秒程度)(厚生労働大臣許可番号:紹介13-ユ-303788)

 

 

これからの看護師の求人について

これからの看護師像というものを考えてみます。
数年数十年先というスタンスで見れば高齢者がどんどん増えていくので
看護師の仕事が減少することはありませんし、いつまでたっても看護師の不足が解消されるわけではなさそうです。

 

しかし、それが強みとなって看護師はいつの時代でも社会に求められる職種であるということになります。
これはとても大きな強みということがいえるでしょう。

 

大卒でも就職するのに四苦八苦している時代に自分が望まれるよりも社会に望まれているわけですから、
それこそ看護師冥利につきるということが言えるのではないでしょうか。
仕事は結構きついですけど、ママナースとしてまた職場に復帰できるというのは
大きな魅力だと思います。

 

資格をがんばって取った甲斐があると思います(^^)

 

 

看護師の給料は手取りでいくらくらいのものでしょうか

 

世間からは看護師は高給取りというイメージを持たれていることがありますよね。ですから女性の職業としては給料が高めのイメージがあり、まるで花形職業として見られることも良くあるのですが、確かに実際高給取りだなと感じたことが私自身もあります。

 

以前に公務員として働いていた時は同世代の人と比較しても貰っている方であり手取りも良かったです。ボーナスに関しても待遇が良かったので、1年目から新車も購入することができました。私の場合は地方で働いていたので初任給は20万円程度であり、ボーナスに関しても2ヶ月分近く貰っていました。昇給も毎年ありましたので、その時は確かに女性の職業としては強いかなと感じていました。

 

しかしながら民間の病院に転職をしてからは随分給料は下がりました。夜勤をすると手当が付きますので何とか底上げをしているような感じでしたが、夜勤の少ない月ですと何万円も給料が低くなりますし、他の職業と比較してみても大差はなかったですね。

 

それでも頑張って師長へと昇格したのですが、民間の病院ですと師長になっても全然給料は上がりません。一応役職手当を付けてもらっていますが、夜勤をしている時よりも手取りは少なくなりました。それにも関わらず仕事量が増えたり、責任の重さが違ってきますので、民間病院の役職は損だなとつくづく感じています。そんな現状ですから当然、花形職業にも感じませんし、転職する方が多いのも頷けます。

 

ナースの仕事のやりがいについて

 

看護師はとてもやりがいのある仕事だと思っています。私は看護師として何年も働いていますが、いろいろな場面でやりがいを感じます。まず、担当の患者さんが元気になって退院されていったときにはとてもやりがいを感じます。さらに、その患者さんが通院をされる際に、わざわざ私に顔を見せにきてくれたときなどはとても嬉しいです。

 

また、多くの患者さんから言われる、「ありがとう」の言葉もとても嬉しいです。ちょっとしたことですが、布団をかけてあげたときとか、髪とといてあげたときなどに、患者さんから言われる「ありがとう」の言葉は本当に嬉しくてもっと仕事を頑張ろうという気持ちになれます。どんなに仕事が疲れていたとしても、その言葉を聞くだけで、疲れも飛んでいってしまうのです。

 

さらに、私のほかにも看護師はたくさんいるのに、患者さんから「あなたがいい」と言われたときには、努力がむくわれた気がしてとても嬉しかったです。また、患者さんに名前を覚えてもらうことができると、距離が一気に縮まった気がしてとても嬉しいです。看護師をしていて何年もたちますが、このようにいろいろな場面でやりがいを感じることができるので、続けることができています。

 

 

共働きの看護師の生活などについて

看護師の仕事は、業界でも需要が高く、給与面でもほかの職種に比べて高いため結婚、出産後も共働きをする人が多いのが現状です。
ライフスタイルの合わせた働き方ができるのも要因の一つかもしれません。
メリットも多いのですが、看護師の共働きのデメリットは、仕事と家庭の両立の難しさです。

 

例えば、夜勤勤務があったり、長時間労働であったりと仕事の内容自体がハードな為、体力的につらくなります。
常に疲れていることが多いので、家ではゆっくり休みたいのですが、家庭があるとそういうわけにもいきません。

 

帰宅する旦那さんや子供の時間に合わせることも困難なこともあるため、家族の理解や協力が第一となります。
最悪の場合、患者さんを看護する立場の看護師が自分の身体を壊すことになりかねません。

 

また、子育て中のデメリットとしては、子供が病気になった場合にも急に休むことができない職場なので、旦那さんとの間で、どちらかが休むことでトラブルが起こることもあります。
このように、家事や育児に対し、周りのサポートがある状態でないと、なかなか共働きし続けることは難しくなってきます。
夫婦の中でお互いに役割などを分担して家庭を気付いていくことが大切でしょう。