個人病院の業務

個人病院の業務

看護師の仕事内容のイメージとしてはどのようなものが浮かびますでしょうか。

 

看護師の仕事の多くは医師の医療業務の補助というのがそのもっとも大きな仕事となります。基本的には医師の指示があってはじめて看護師は仕事ができるということになるのです。ここではそのような看護師の仕事の内容についてみていきましょう。

 

看護師の仕事は総合病院などの大きな病院と個人病院のような小規模な病院とでは仕事内容が大きく変わってきます。個人病院は町のお医者さんというイメージで、多くの人の「かかりつけ医」としての働きをしています。

 

何かあれば、まずは最初に訪れる病院がこの「かかりつけ医」であるのは間違いありませんし、このようなことから個人病院の業務は「外来医療」がその主なものとなるのです。