総合病院看護師の仕事

総合病院看護師の仕事

一方の総合病院ではその規模の大きさから、看護師の業務は多岐にわたります。

 

まずは病棟勤務がありますから、病棟勤務に配属されると必ず夜間勤務があります。

 

他にはICUなどの集中看護や救急看護、検診やリハビリなどもあり、
看護業務は個人病院の外来看護に比べるとかなりの種類になるのです。

 

それでもやりがいという意味では総合病院のほうがあるのかもしれませんが
個人病院での勤務にも魅力を感じている人も多いことでしょう。

 

それぞれ一長一短があるとはいってもそのいずれであっても
看護師求人サイトにはたくさんの求人が掲載されていますから、まさに売り手市場といえるのです。

 

 

あらかじめ、読者の皆様にお断りしておくと、現在法的に総合病院と言う区分をされる病院は存在しない。

 

かつては、医療法によって診療科ごとの医療費請求が許される百床以上の規模の病院で、耳鼻科、内科、外科、産科、眼科の五診療科を内包し、それに加えて他科や検査や入院患者のための各設備が整っている物を総合病院と呼んでいた。

 

現在では、地域医療の中核的役割を担う地域医療支援病院と呼ばれるものが総合病院に近い役割を担うようになっているが、病床の利用率や、一次医療の担い手である地域の医院、その処方薬の調剤をする地域の薬局との連携、災害時に地域のために担う役割等が明確にされ、行政からの承認を受けるのが少し難しいと言われている。

 

(以上若干上から目線解説でした(笑))