ナース 夜勤

ナース 夜勤援には転職サービスがよい

入院患者のいる病院では、必ずと言ってよいほどナースの夜勤が必要になります。

 

一般に、ナースの勤務形態は、3交代制と2交代制に分けることができるでしょう。 24時間を3つに分けて、ローテーションで働く3交代制は、多くの病院で導入されています。

 

日勤、准夜勤、夜勤の3つを8時間ずつに振り分けますが、ナースの夜勤は、深夜0時から次の日の8時30分ころまで勤務するのが多いようです。

 

患者さんの状態や、変化、注意事項などを次の勤務の人に申し送る時間が必要なので、たいていは、15分から45分ほど勤務が重なるようにシフトが組まれます。

 

2交代制の場合、ナースは、日勤と夜勤に振り分けられて勤務します。 ナースの夜勤は12時間から16時間勤務することになりますので、夕食の配膳や食事介助などの後に、夜の検温を行います。

 

その後、消灯の見回りや巡回、ナースコールの対応などを行います。 状態の安定していない患者さんがいれば、こまめに観察することも必要です。

 

朝に検温や採血などと行い、食事の配膳、介助などを行う上に、申し送りや記録など朝も大変忙しいでしょう。 ナースの夜勤は、勤務時間が長く、担当しなければならない仕事が多いので、できるだけ体調管理をしておくことがとても大切でしょう。

 

当サイトおすすめの看護師再就職に役立つ転職支援サービスランキング