公務員の看護師のメリットについて

公務員の看護師のメリットについて

公務員の看護師はあらゆる面でメリットがあります。
一番のメリットは、給与面での好待遇です。
一般的な病院やクリニックで働く看護師に比べ給与が高い傾向があります。
その差は、場合によっては年収にして100万円近くひらくこともあります。
退職金に関しても同様で、同じ看護師として働いたとしても、公務員として働くと20年、30年後には数千万円の差が出てくることにもなるでしょう。
昇給率も高いので、働けば働くほど給与が増える仕組みになっています。
また、退職金に関しては、都合により早期に自主退職することがあっても、退職金優遇制度があるので、早期退職時に4割増しで退職金を受け取ることができ、一般的な病院やクリニックでもらう退職金より多くなります。
他にも、育児休暇などの福利厚生施設も充実していて、子育てと仕事の両立がしやすい環境にあります。
年金も高いので、老後の生活にも不安がありません。
さらには、公の機関の為、病院やクリニックがつぶれることもないので職を失う心配もありません。
公務員の看護師の場合、ほかの職種のように国家試験を受けなくてもその職場に働くことで公務員の扱いを受けることができます。
この点でもメリットと言えるでしょう。